平昌オリンピック閉幕

平昌オリンピックが閉幕した。

色々問題はあったのかもしれないが、総じて素晴らしい大会だったと思う。正直、こんなに盛り上がるとは思っていなかった。

サッカーのワールドカップなどの経験から、きっと両国ともネットを中心に罵詈雑言が飛び交う大会になるだろうと思っていた。

もちろん、そういう面も多少はあったのだけど。

スピードスケートにカーリングと、想像を超える競技が待っていた。

特に、小平選手への韓国の人々の賞賛は、正直に言って驚いた。「スポーツを通じて日韓に広がる感動の渦」は、「最終的に韓国が勝った場合」か、「元から日本が絶対有利で韓国が善戦した場合」にしか成り立たないと思っていたからだ。

李相花選手は、すでにバンクーバー、ソチと二連覇していたから、韓国の人々に余裕があったという見方もできる。

でも、バックストレートまでは李相花選手の方が先行していたことを考えると、韓国中に悔しさが蔓延してもおかしくなかった。

そうはならなかったのは、やっぱり二人の力スポーツは凄いなあ、と思った次第。

スキージャンプの日程が合わないからと、現地に行かなかったことを今さらちょっと後悔している。蓋を開けてみれば、カーリングも、フィギュア女子も、アルペンスキーも、ふらっと現地を訪れても十分観戦できた。

ちょっと、ノルディックに固執しすぎていたかもしれない。

よく考えれば、僕はアルペンもフリースタイルもカーリングも、それなりに好きだったではないか。フィギュアにいたっては、いつの間にかスケオタさんの半分くらいの知識は持ち合わせるようになってきた。やっぱり、万難を排して現地に行くべきだった。かつて、長野五輪の時も、ノーマルヒルを京都で観戦してから、現地に行こうと思い立ったのだ。

次の冬季オリンピックは北京。中国語はできないけれど、今度こそ観戦に行こうかな。

いや、その前に、まずはパラリンピックだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク