快晴の上空でGPS

11月10日から、関釜フェリーのツアーに参加して韓国に行ってきた。下関へのアプローチには、山口宇部空港までスターフライヤーを利用してみたのだが、珍しく巡航高度に達しても雲がない快晴に恵まれた。上の写真は、広島市街。

巡航高度から見ると、日本は小さいなと思う。地上から数キロ上空に上がっただけで、もう日本海と太平洋の両方が見えてしまう。こちらの写真は、滋賀県東近江市上空から見た琵琶湖。彦根市街や、国宝彦根城が見えている。

こちらは周南市の徳山港。新幹線&山陽本線徳山駅もよく見える。

今回、気づいたのがmyTracksアプリを使うと機内モードでも現在位置をほぼ性格に記録できること。

これは、姫路市上空を通過中の記録。GPSは、衛星が出す電波を「受信」するだけで、電波は発信しないので、機内モードでも合法的にこういうことができる。

こちらは、岩国から周南へ抜けるところ。岩徳線上空だ。myTracksは、課金すると各国のオフライン地図をダウンロードできるので、リアルタイムで現在位置を把握できる。時速600キロ台とか、リアルで楽しい。

まあでも、こんなに晴れることは、あまりないだろうなあ。

myTracksのダウンロードはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク