秘境駅カレンダー

東急ハンズでは、2018年の秘境駅カレンダーを壁掛けタイプと卓上タイプの2種類販売しています。

メディアファクトリー(現・KADOKAWA)から刊行した写真集「秘境駅」。このシリーズを制作したのは2008〜2009年で、もう9年も前のことなんですね。

この間、日本と日本の鉄道にはいろいろなことがあり、随分多くの秘境駅が失われてしまいました。

当時から廃止同然だったプレイピア白浜駅はもちろん、大志田も押角も、今は廃止されてしまいました。

刊行からずいぶん経ちますが、今回東急ハンズのカレンダー担当の方が「秘境駅」を気に入ってくださり、一部を再構成してカレンダーとして刊行しました。写真は、すべて8〜9年前に撮影されたものです。今は立ち入りできない場所から撮影された写真もあります。

本家の写真集は、もう在庫がほとんどないはず。
東急ハンズに寄ったら、見てみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク