AppleWatchでどこでもボイスメモ

さて、iPhone6sPlusを処分し、代わってAppleWatch Series3を買った。

初代は全く興味がわかず、Suicaが使えるようになったSeries2も、遅いと聞いていたうえに、Suica以外の使い道がピンと来ず、食指が動かなかった。

Series3は、だいぶサクサク動くなったうえに、同じタイミングでJR東海のエクスプレス予約がApplePayに対応。運動の記録をつけたいなと思い始めたこともあり、思い切って購入に踏み切った。

購入したのは、最も安価な38㎜GPSモデル。僕はiPhoneをワイモバイルで利用しているので、iPhoneがなくても通信ができるCellularモデルは対応していない。また、時計はできる限りさりげない方が好きなので、敢えて小型のモデルを選んだ。

さて、購入してとりあえず使い始めたが、実にいいアプリに出会った。

JustPressRecord。Apple Watchに対応したボイスレコーダーアプリだ。

これが、実にApple Watchとの相性が良い。

グランスに録音開始ボタン(右下の●)を置ける

まず、グランス(時計画面)にボタンを置け、ワンタップで起動・即録音開始。録音はApple Watchのマイクから行われ、録音されたデータは自動的にiCloudDriveに送られて、iPhoneやiPadで参照可能となる。最後に録音したデータは、Apple Watch上で再生可能だ。

Apple Watch上で録音

最後に録音した音声はApple Watch上で再生可能。ロングタップで削除

さらに自動的に文字起こししてくれる。これが凄い。Appleのエンジンを使っているのだろう。精度は十分実用的だ。iPhone側の設定で、「認識しない」「最初のセンテンスのみ認識」「全文認識」を選択できる。

音声はiPhone側で自動的にテキストデータに変換してくれる。この程度の長さならほとんど誤変換はない

録音データとテキストは、Evernoteや純正メモアプリなどに転送できる。

JustPressRecordはバックグラウンドでの録音にも対応しており、録音しながらグランスに戻ったり、他のアプリを動かすこともできる。ただ、長時間録音するよりは、短時間のボイスメモ的な使い方が向いているだろう。

今まで、アイディアやちょっとしたメモはiPhoneやICレコーダーに吹き込んでいたが、iPhoneは取り出してアプリを起動するのが面倒だったし、ICレコーダーは電源を入れる手間が煩わしかった。ちょっとした手間だが、それでも数多くのアイディアやメモを逃してきた。首尾よく録音できても、音声だけでは後から検索するのが大変だった。

Apple Watch+iPhone・iPadとJustPressRecordの組み合わせなら、腕時計にワンタッチするだけで即音声のメモが取れて、勝手に検索可能なテキストデータベースにしてくれる。iPadはSplitViewにも対応しており、音声を聞いたりテキスト化されたデータを見ながら原稿作成も可能だ。

まさに、取材の多いライターのためにあるようなアプリ。

いやー、Apple Watchを買ってよかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク