日本初のIPテレビ、らしい

h0051

 都内のホテルで、KJ韓国テレビの開局記者会見に出席。

 KJ韓国テレビは、インターネット回線を利用したIPテレビサービスだ。 KBS-Worldなどの韓国で放送されているコンテンツを配信し、日本にいながら韓国で放送されている番組を見ることができる。料金は月額4,179円、これで、配信するすべてのチャンネルを見ることができると言う。

 SkyPerfecTVと異なり、通信衛星や電波は使用しないので、アンテナなどを設置する必要はない。その代わり、ユーザーは、チューナーに当たるセットトップボックスをレンタルし、ADSL回線に接続する。

 画期的なサービス、なのかもしれない。韓国でたった今放送中の複数のチャンネルを、コマーシャルを含めて日本で見られるのは、確かに魅力だ。でも、正直言ってまだまだ未完成なサービスという印象だった。

 まず、画質だ。会場で行われたデモンストレーションでは、確かに韓国でたった今放送中の番組を見ることができた。しかし、その画質はいわゆるネット配信の動画を拡大しているという感じで、あまり良くない。

h0052 考えてみると、このサービス、技術的に目新しいことはほとんどしていない。 韓国のテレビ放送は、もともとネットで見られるものもたくさんある。そもそもこのサービスを思いついたきっかけ自体、日本にいる韓国人が、 韓国のテレビをネットで見ていることを知ったことだとか。セットトップボックスも、AMDのGeode SC1200/1201シリーズ、つまり4~6年前の枯れた技術を採用している。既存の技術を活用し、 著作権をクリアして低コストで番組を配信する、という試みと言える。

h0053  今日から配信が始まったチャンネルは、KBS-Worldm-netYTNの3チャンネル。 このうちKBS-Worldとm-netはSkyPerfecTVで見ることができる(YTNも以前はスカパーで見られた)。 しかも、この2チャンネルをスカパーで視聴した場合の料金は、月額2,100円だ。画質的な問題もあり、 よっぽどYTNを見たいという人以外、現状ではKJ韓国テレビを選択するメリットはほとんどない。

 面白い試みだとは思う。アナウンス通り、今後MBCやSBS、EBSといったチャンネルが参入し、光回線にも正式対応すれば、韓国の人気番組をそれなりの画質で一通り視聴できるようになる。そうなれば、月額4,179円という料金もリーズナブルだ。

 今日現在、ホームページもリンクが一切ないトップページがあるだけだ。どれくらい本気で取り組むつもりなのか、今ひとつ見えてこない。スカパー韓国チャンネル群のライバルとなるのか、それとも韓流ブームの徒花となるのか。まずは見守りたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 書記長 より:

    リアルタイムで見る人って韓国語分かる人なんだし、アフリカで見たら終わりのような気がする。

  2.      より:

    …というより韓国のTVで日本の番組、音楽を使わないはずがないが、
    韓国内では問題ない権利処理も日本国内ではそうするんだ?
    日本のコンテンツが海外にもネットにも出せない最大の理由はコピーではなく、その権利問題にあるのに。
    これ、日本のカスラックあたりが告訴すればあっさり日本国内でのサービスが終わりそうな気がする。