スキージャンプ全日本選手権

 日体大の遠藤が初優勝した。→結果
 観客がほとんどいない。葛西、宮平らW杯組がいないのでしょうがないが、長野五輪後のすし詰め状態を知っている僕としては、なんとも寂しい。ジャンプは生で見てこそ面白いのだが。
 風が巻いていたのでしょうがないと言えばしょうがないが、あまりにお粗末な試合にもがっかり。最長不倒119mはともかく、飛形点16点台で優勝とは、全日本選手権に値しない。2連覇中の岡部が、時間内にスタートできず失格というのも、緊張感のなさの現れか。
 ただ、遠藤の攻めの姿勢は良かった。
 ドイツ・ヴィリンゲンで行われたW杯はヤンネ・アホネンの圧勝。東輝が5位、葛西15位、宮平40位。
韓国勢は、チェフンチョル48位、友人のカンチルグは、残念ながら予選落ちだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. きよみん より:

    故郷の札幌にずっと住んでいたのに大倉山って行ったことが無い。大通公園から見えるからそれで十分だったのかな。。。