ラーメン料理王コンテスト

韓国の人たちは、ラーメン好き。で、韓国でラーメンと言えばインスタントだ。店でラーメンを注文すると、日本でもお馴染みの辛ラーメンに卵を落としたものが出てくる。いわゆる生ラーメンは、日本式ラーメンとしてごく何軒かがあるだけである。
韓国の人たちはインスタントラーメンをよく食べる。2002年に韓国で消費されたラーメンは37億食、国民1人当たり80食ずつ食べたことになるそうだ(出典:東亜日報)。それに対して我が日本人のインスタントラーメン消費量は、2002年の統計で年間生産量53.3億食、国民1人あたり41食(日本即席食品工業協会調べ)。
というわけで、韓国人は日本人の倍インスタントラーメンを食べてる。日本人は、これ以外に店で食べるラーメンがあるが、それを含めても韓国には敵うまい。
さて、そんなラーメン大好きカントリー韓国で、先頃「ラーメン料理王コンテスト」が行われたそうな。優勝したのは、韓国調理科学高校2年生クァク・ホイルくん(17)。すごい。17歳。高校生だって。
でもって、作ったラーメンというのが、

最初のコースは漢方材と高麗人参、ナツメをいれたラーメングラタンをチーズとノリで巻いた後、鶏肉でもう一度くるんで一口サイズにした料理。続いてラーメンサラダを赤と黄色のライスペーパーで包んだ料理が出され、ラーメンを蜜で味付けしてピーナッツ、クルミ、アーモンドをまぶしたデザートでコースを終わらせている。
(東亜日報より:元の記事を読む

…。やっぱり、そのコンテストって
こんな感じ↓だったんでしょうか。
aji1.jpg
aji2.jpg
aji3.jpg
「うーーまーーいーーぞーー」
見に行きたかった…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 書記長 より:

    日本人の倍ですか。
    土葬主流の韓国でそれは中々ヤバイっすね。
    Tウイルス蔓延時にはチョナンカン大活躍の黄泉返りっすね。