扶余から全州への旅で

今日8日の午後、全州に着いた。
ぜんぜん下調べしていなかったので、午前中、扶余のバスターミナルで時刻表をぼんやり眺め、とりあえず大田に出るのがよさそうだ、と5100W払って市外バスに乗った。
きれいに整備された地方道を30分ほど走り、割合大きな町に到着。線路が見え、電車が走る架線も見える。電化されているということは、高速鉄道KTXが走っているということだ、もう大田に着いたんか。
と思ったら、論山の文字が見えた。よく遊びに来てくださるよりこさんが住んでいる街で、大田なんかよりずっと全州に近い。
バスターミナルに入ったところで、ちょっと考えてバスを降りた。
きっぷ売り場で運賃を見ると、扶余までは1800W。3300Wも損した。日本円では350円くらいだが、一食分損した気分。
全州ゆきのバスまで30分あるので外に出ると、自転車に乗った小学生くらいの少年が、にこにこしながら近づいてきた。
「おじさん! カメラマン? 写真とって!」
前にも書いたが、韓国には被写体志望の子どもが多い。単純に、写真に写るというのが楽しいようだ。おう、いいとも。僕は、一眼レフを取り出し、一枚撮ってあげた。
「おじさん! じゃ、モデル料100W! なんだよ、カメラマンなんでしょ。ちゃんと払ってよ」
orz いや、払わなかったけど。
「なにいってんだ、家帰って勉強しろ、勉強!」
そういってから、なんだか自分がえらくセコイおっさんになった気がした。

コメント

  1. たいちょ より:

    テジョンまで来られたんですね。連絡くだされば焼酎の一杯はおごらせていただいたのに・・・・(笑

  2. あ、たいちょさんこんばんは。
    大田は、結局今回は通らなかったんです。
    もしかしたら、6月にいくかもしれないので、
    そのときに時間があえば、一杯やりましょう!

  3. たいちょ より:

    良いですねー。6月にいらっしゃる時は是非連絡くださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA