KDDIメタルプラス

 へえ、夜中に金八のパロディやってるよ。「命という字は、人という字に……」って、コテコテやなあ、誰やこのお笑いタレント。なかなか似てるなー。
 と思ったら、本物だった。自分が珍しく早く帰宅したのを忘れてた。
 なんで早く帰ってきたのかというと、サッカー、ではなく、KDDIメタルプラスを導入したのだ。その設定で少々問題があり、KDDIから電話が来ることになっていた。
 メタルプラス。小野伸二が、「みんなのメインラインになるぅー!」と叫んでいる、あれだ。
 「メタルプラス」とは何か。CMを見ても、さっぱりわからない。
 説明しよう。「メタルプラス」とはKDDIの直収電話サービスで、NTTを介さず、利用者が直にKDDIに加入する形の固定電話サービスのことである。
 え、わかりませんか。
 簡単にいえば、NTTと完全におさらばし、固定電話とネット接続をKDDIに一本化したということだ。通話料は市外通話を中心にNTTより割安だが、利用できるサービスはやや限定される。たとえば、インターネット接続は現状DIONしか使えない。
 無事に開通したメタルプラス。とりあえず電話を使ってみたが、音質は今までと全く変わらない。ネットのほうも、ちょっと接続を間違えて苦労したが、いったん接続したあとは快適に動いている。
 固定電話なんてほとんど利用しない僕が、どうして加入したのか? 先月秋葉原でPC用品を買ったとき、メタルプラスに加入すれば1万円引きという話につられたためである。
 そういえば、去年の暮れにも、駅前でTEPCO光のキャンペーンガールにつられてしまい、光ファイバーを導入してしまった。こちらはデータの転送は速いのだが、PCを起動するたびに接続操作が必要というのが面倒くさく、使っていない。無料期間が終了したら、解約するつもりだ。
 なんだかあちこちでキャッチセールスにひっかかっているような気もするが、気のせいだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク