韓国版・踊る大捜査線2公式サイトを見よう

0009.jpg
▲公式サイト。人物はちょっとぼかしてみました。
 今週末、12日から韓国で「踊る大捜査線The Movie2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」が公開されます。
 今日は、めんどうなことを抜きにして韓国版「踊る大捜査線The Movie2」の公式サイトを見てみましょう、という話。では早速見てみましょう。
踊る大捜査線2
http://www.danceagain.co.kr/
 ダンスアゲイン。いやあ、なかなかおしゃれですね。と思ってクリックすると、ハングルで書かれたタイトルロゴが白い画面に表示されるだけ。?工事中?と一瞬思いますが、おもむろにロゴをクリックしましょう。さすがは、ブロードバンド大国・韓国ですね。画面の真ん中で、小さくFlashムービーなんてけちくさいことはしません。こっちの映画サイトは、万事こんな感じです。ナローな方は見られません。ごめんなさい。
 サイト全体がFlashでできているわけですが、ハングルで書かれたメニューも、ポインタを合わせるとたいてい英語が出てきます。画面の下に並んだメニューは、左から
 ・「湾岸警察署(Story)」
 ・「刑事課強行係(Cast)」
 ・「捜査一課(Production Note)」
 ・「鑑識班(Download)」
▼地下鉄駅にもポスターがたくさん
0010.jpg
 このうち、とりあえず注目は鑑識課でしょうね。3種類見られる予告編は、基本的に日本のものに字幕を入れたもの。けっこう画質いいです。そして驚きのOST。サントラの全12曲を試聴することができます。ありえません。ほかにも、スチル画像とかポスター、壁紙など、かなり盛りだくさんな内容になってます。
 さて、韓国人的には、今回湾岸署の各所にハングルによる表示が入っていることが気になる様子。プロダクションノートにそのことが書いてありました。タイトルは、「日本では韓国人の犯罪が多い?」。本文を読むと、そうではなくて舞台になっているお台場が世界的な観光地のため、この5年間で韓国人観光客が増えた結果、ハングルが表示されるようになった…とあります。それだけはでなく、湾岸署では韓国語による案内サービスも行っているという設定とか。まあ、韓国人の犯罪が多いというのは、必ずしも間違いではありませんが…。実は僕、この映画まだ見てないんですが、ハングルがあちこちに書いてある湾岸署。なんだか意味もなく面白そう。
 えーと、時間になったので、とりあえず皆さん実際に見てみてください。
 XPなら、文字化けとは無縁のはずです。あとでまた時間のある時に、面白い内容などを翻訳して紹介します。興味のある方は、ぜひブックマークを…(笑)。
 ところで、サントラの8番Murderって、韓国の伝統音楽に聞こえてしまうのは僕だけでしょうか?

コメント

  1. ソウルで、こんなこと考えた。: 韓国版・踊る大捜査線2公式サイトを見よう

    ソウルで、こんなこと考えた。: 韓国版・踊る大捜査線2公式サイトを見よう すごいです。韓国版の踊る大捜査線2のホームページ(音がします、注意)。スクリーンいっぱ…