FujiWiFi導入

898D9EE9-8388-41D2-8088-78167437CFCA

2月からトラブルが続いた「どんなときもWiFi」を違約金免除で解約できたので、代わりにFujiWiFiを契約した。
「どんなときもWiFi」は、クラウドSIMによる容量無制限、ソフトバンクを中心に3社のネットワークにつながるという回線だったが、2月にシステムトラブル、3月は新型コロナウイルスの影響によるSIM供給ストップによって、立て続けに速度低下のトラブルを起こしていた。経緯を聞くと、同情するところもあるし、少なくとも僕には親身に対応してくれたので、ネット上の罵詈雑言には同意しかねる。それでも、満足に使えないのでは不安なので、違約金免除の選択肢があるうちに、解約を選択した。

代わって契約したのが、レンタルモバイルルーターの老舗でもある、FujiWiFiだ。手元に、ずいぶん前に購入したままあまり活用していなかったNECのモバイルルーターMR05LNがあるので、SIMだけ購入した。このSIMをルーターに装着し、WiFiでスマホやタブレット、ノートPCなどに接続すれば、いつでもソフトバンクの通信を利用できる。

僕が契約したのは、200GBコース。毎月200GBものデータ通信を使えて、料金は月額2980円(税別)だ。本来は月額3480円だが、今は新年度のキャンペーンということで契約事務手数料免除、月額利用料も無期限に500円引きとなった。僕が月間に使うモバイルデータはだいたい70〜150GBくらいで、スマホもノートPCも、外出先での通信は全てこれで賄えるはずだ。契約期間の縛りはないので、これでダメなら、割高でもメインの回線をワイモバイルからソフトバンクに移すしかない。

21日に申し込んで、無事4日ほどでSIMが届き開通したが、その後FujiWiFiは新型コロナウイルスの影響で新規契約をどんどん縮小。3月27日ごろからは全プラン受付停止となった。滑り込みセーフだったようだ。

369CC021-7C0F-45D3-83F6-5812FE9C705D

まずは使ってみたが、それほど速いとは言えないものの、まずまずの速度で通信できた。巨大なファイルのやり取りでなければ、これだけ出ればまず十分。ルーターもNEC製なだけあって、起動が速くバッテリー性能も高い。

今度こそ、通信環境完成……と言いたいところだが、新型コロナの影響で外出が激減している。憎たらしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク