なんでいきなりPodcast?

ご覧のように、最近Podcastにはまって(笑)いるわけですが、これには1つ理由があります。

それは、テキストを打ち込む仕事の息抜きがテキストを打ち込むブログ作成という状況に、少々疲れてしまったから。

ブログはやりたいけど、テキストを入力するのが疲れてしまい、時間のあるときにしかブログを更新できなくなったので、他の方法を模索したのです。

正直、Podcastは最近までオワコンだと思っていました。

一番盛り上がったのは2008〜2009年頃。iPhoneが日本で普及し出した頃だったと思います。

しかし、その後Googleが一時撤退し、iTunesでの同期が前提だったAppleのPodcastは時代遅れ感が漂い始めました。配信ツールがなかなか面倒で、サウンドオンリーなわりに継続のハードルが高かったことも原因でしょう。

数多あった個人Podcastはどんどん更新が停止され、世の中はYoutubeに移っていきました。

しかし、Youtuber、Vtuberが現れるとYoutubeでの「配信」は極めて高度化し、生半可なことでは追いつけなくなりました。一般の人たちは、より簡単なVine、tiktokに流れる……。

こうした状況のなか、いつの間にかPodcastが息を吹き返していました。簡単に配信できるツールが公開され、SpotifyやGoogleなども参入し、語りたい人たちが音声メディアに徐々に戻ってきています。

はっきり言って、収益を挙げるのは現時点では不可能に近いですが、ツールがあって、簡単に配信できるというのは大きい。

また、以前のようにラジオ番組風にしっかり作り込まなくてはいけないというムードが和らいでいるのもいいですね。語ればいいのです。

今、お試し配信状態のPodcastは、収録15分、編集15分の30分で公開できます。頭の整理や、仕事の気分転換にもちょうど良いので、ボソボソした声を聞かせて申し訳ないですが、当分続けていくつもりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク