鉄道アプリナイト1〜PEN pic編

右からオオゼキタクさん、丸山琢美さん、よねざわいずみさん、栗原

12月3日は、TOKYO CULTURE CULTUREで「鉄道アプリナイト」に参加してきた。

シンガーソングライターのオオゼキタクさん、プログラマーで「降りテツ」のよねざわいずみさんとの3人でのイベントで、ゲストには「メトロタッチ」を開発したメトロアドエージェンシーの丸山琢美さんをお迎えした。

ご来場&USTでご視聴くださった皆さん、ありがとうございました。

今回のイベントは、元々TOKYO CULTURE CULTUREの横山店長から、「例えば、乗り鉄ナイトみたいなイベントはできませんか?」という提案をもらったところからスタートしたものだ。

いろいろディスカッションした結果、タクさんのアイディア&やる気で「鉄道アプリナイト」となった。

僕の担当は、カメラ系と新幹線系を含む3種類のマイベストアプリを紹介することと、実践編として実際に乗り鉄しながらアプリの使用シーンを紹介するビデオを作ること。

だが、カメラ系の鉄道アプリというのは難しい。

鉄道撮影に特化したカメラアプリなんてないからだ

そうして選んだ僕の「マイベスト鉄道アプリ」は、次の3つ。

1)PEN pic(写真共有)

2)GPS-Trk2(GPSロガー)

3)新幹線の車窓(新幹線)

詳しく紹介していこう。

1)PEN pic (iTunes Storeへ

旅にぴったりのカメラアプリ、PEN pic

PEN picは、オリンパスのマイクロ一眼「PEN」シリーズが搭載しているアートフィルターを、iPhoneで利用できるという触れ込みで登場したカメラアプリだ。

だが、僕が注目したのはそこではない。

写真を「落とす」機能だ。

PEN picでは、アプリを使って写真を撮ったりフィルター処理をした写真は、必ずGPSによる位置情報が付加された状態でサーバーにアップされる。これを、写真を「落とす」と言う。

そして、同じアプリをインストールしているユーザーが近くを通りかかると、アプリがその写真を勝手に「拾って」くれるのである。

アプリを起動していなくても、近くを通りかかるだけで勝手に写真を「拾って」くれる

自分が通りかかった付近で新たに拾った写真を視覚的に表示してくれる。

拾ったフォトはこんな風に表示される。拾ったフォトはローカルにダウンロードすることはできないが、時間順にストックされるので、いつでも見返すことができる。

このアプリの凄い所は、ポケットにiPhoneを入れておくだけで、他の人が見た同じ場所の風景・営みを見ることができること。よく似たコンセプトのアプリに「セカイカメラ」があるが、あちらはカメラを通じて周囲を見なくてはならないので、旅の途中で使うにはやや面倒くさい。ポケットに入れておくだけで良い、というのがポイントだ。
旅をしているうちに、そこで暮らす人や同じ場所を訪れた旅人の視点が、いつの間にかiPhoneに入っている、というのがいい。

このアプリで駅や列車の写真をどんどん撮れば、乗り鉄・たび鉄・撮り鉄の強い味方になってくれるだろう。

ただ、残念なことにこのアプリはInstagramなどに比べるとマイナーだ。秋以降はめっきり使う人が減ってしまった。

使う人がたくさんいないと成り立たないこのアプリ。なんとか盛り上がってほしい。

また、「落とす」というコンセプト上、必ず操作した場所の位置情報が付加されるようになっており、とりあえず写真を撮って、後で自宅でまとめてアップしようとすると、すべて自宅の位置情報が添加されてしまう。コンセプトはわかるが、この辺りは柔軟に設定できるようにしてほしい。

長くなったので、GPS-Trk2は次のエントリで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク