最長距離急行

Kyukou

 こんなきっぷを購入しました。仕事です。

 本当は大阪発に乗りたかったんだけど、他の仕事との兼ね合いで叶わず。寝台の解体風景を見たかったのに……。

 あれ、この日付、有明の某イベントと重なってない? しまった、どうしよう……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. TKSY より:

    悔しがる必要はありません。下りも寝台を解体しませんから。
    そのために本来のグリーン車をサロンカーとして開放しています。
    「中段」っていうことは、あそこですね(笑)。

  2. とうちゃん より:

    こんばんは 毎日見せていただいています。
     「あそこ」って、パンタグラフの下でしょうか?私も前は手帳の表紙裏にメモしてあったのですがずいぶん電車寝台とはご無沙汰してます。

  3. かんりにん より:

    あ、いつの間にか下りの解体もなくなっていたんですね。
    「あそこ」ではありません。なんと言っても、残数1ですから。
    某師匠に至っては、上段しか取れなかったそうで、危険過ぎるので僕の寝台券と交換しようかと思ってます。

  4. TKSY より:

    師匠の上段は危険です。「あきらめちゃダメ」作戦しかないですね。
    「あおもり」は客車の時は解体してたのですが、電車になった直後に乗ったら解体する気配がないので車掌に訊いたら、「青森までこのまま」と宣告されました。

  5. かんりにん より:

    あれ、ネットを見ていると、少なくとも2006年までは下りに限り、希望者のみ(笑)解体作業をしていたようですよ。その後、「下りもなくなってしまった」という話も聞かないので、その後復活したのでは? もちろん、グリーン開放のサロンカーは今もあります。

  6. TKSY より:

    おっと、ということはさすがにクレームが出て、
    悔い改めたということですかね。
    なにしろ解体しないと聞いて、こりゃ堪らんと秋田で
    先行する臨時の急行津軽(こちらは座席の583系)に
    乗り換えたので、まだ20世紀の話です。
    ちなみに、かげりさんのこのブログに触発されて8/9の
    下りの寝台券を買っちゃいましたが、正統な中段だった
    ので、どうしようか迷っています。