「ミスター陳」でみちのく会

f35

高円寺「ミスター陳」で、高校時代からの仲間「みちのく会」の貸切パーティ。東京、名古屋、大阪などから、メンバー14人中11人が集まった。

「ミスター陳」社長のSくんが仲間のひとりということで、遅ればせの開店祝い、というのが名目だったが、集まってみれば、「Iくん日本の鉄道完乗記念」やら「Mくん帰国記念」やら「Kくん婚約記念」やら、いろいろなお祝いがあった。最後のKくんは僕ではないので念のため。

途中からは、僕が倉庫から発掘してきた20年前の汽車旅映像の上映会となり、予想外に盛り上がった。20年前と言えば、僕らは全員高校2年生。びっくりするほど若い、というか細い人もいれば、全然今と変わらないのもいて面白い。僕は、どちらかと言えば変わっていない方だったが、やはり今より細く、若い。ていうか、なんだ、昔は日本人だったんじゃないか。

人間以上に変わったのが鉄道で、ヘッドマークをつけた急行「ちどり」「あしずり」、三段寝台を連結した急行「だいせん」、満員の快速「海峡」、50系客車など、今では歴史になってしまった列車が多数登場した。

中学時代は幼少時代の遠い記憶だが、高校時代は今につながっている気がする。それでもこうして映像を見ると、ずいぶん時間がたってしまったことを実感する。映像の中で交わしている会話は、今とあまり変わらないのだが。

18時から始まったパーティは21時過ぎに終わり、高円寺駅前の白木屋で二次会をして、23時すぎに解散。終了時間の早さに、歳を感じた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. TKC より:

    参加できず、本当に残念です。
    下手な一泊会より、よほど人数が集まっていますね。
    貴重な映像、機会があればぜひ拝見したいものです。
    その頃は、まだイベントには参加していなかったので、自分というより仲間のかつての姿を見たいですね、ぜひ。