ジャストシステムと手を組んだのは……

M0101

 その昔、リリースされたオフィススイート「一太郎Office」は、ジャストシステムの大きな失敗のひとつだった。

 それ以来、ジャストシステムはオフィス系ソフトでは一太郎とATOKに専念していると思っていたが、最近表計算の三四郎が復活するなど、少しずつ製品を増やしていた。

 そして、来年、「一太郎オフィス」改め、「JUST SUITE」が復活する。

 しかし、ジャストシステムには、本格的なプレゼンテーションソフトがなかった。これまでは、グラフィックソフトである「花子」でプレゼンもできる!と宣伝していたが、やはり無理があったように思う。

 今回発表された「JUST SUITE」には、PowerPoint互換の本格プレゼンソフト「Agree2007」が同梱される。

 突然現れたプレゼンソフトに驚いたが、仕様を見ていて、もっと驚いた。

「開発:Haansoft」

 えー!

 Haansoftといえば、韓国の一太郎とも言うべきワープロソフト、「ハングル(日本名アレアハングル)」シリーズを開発している、「ハングルとコンピュータ社(以下ハンコム社)」ではないか。

 さらに仕様を見ると……、

「Agree 2007 で保存できるファイル形式:HPT(Agree形式)、PPT(略)」

 HPTファイル……。これは、まさしくハンコム社のプレゼンソフト、「ハンコム・スライド」のファイル形式だ。つまり、「ハンコム・スライド」を、一太郎シリーズのインターフェースに合わせてカスタマイズしたのが、「Agree2007」ということだ。

 調べてみたら、ハンコム社の英語サイトに、とっくに出ていた

 日本から撤退したように見えたハンコム社だが、ジャストシステムと手を組むとは。 

 なんだか、面白いことになってきた。詳しいことがわかったら、またレポートします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. っさごしぽ より:

    おおぉ、懐かしい響きだなぁ、
    「ハングルとコンピュータ社」とか「アレアハングル」とか。
    竜山の電子商街で買いましたよ。
    それ使いたいからダイナブック買ったんだもんなぁ。