ソニー、初のデジタル一眼レフα100発表

【速報】ソニー、同社初のデジタル一眼レフ「α100」発表

 ソニーは6日、同社初のデジタル一眼レフカメラ「α100」(DSLR-A100)を発表した。本体のみのほか、DT 18-70mm F3.5-5.6が付属するズームレンズキット「DSLR-A100K」、DT 18-70mm F3.5-5.6と75-300mm F4.5-5.6が付属するWズームレンズキット「DSLR-A100W」が発売される。発売日はすべて7月21日。(デジカメwatch

 やっと発表された、ソニーのデジタル一眼レフ。いろいろ報道されていたとおり、まずはコニカミノルタのαSweetDigitalのマイナーチェンジ版という感じ。撮像素子が610万画素から1,020万画素に増え、ローパスフィルタにゴミがつきにくい(つまり、写真に埃の影が写り込みにくい)アンチダストコーティングが搭載された。標準のレンズは、コニカミノルタのセットレンズそのものだ。

 注目すべきは、3本のCarl Zeissレンズ、3本のGレンズ(高品位レンズ)を含む21本のレンズを同時に発表したということ。ストロボなどのアクセサリ類も発表され、いずれもコニカミノルタのデジタルカメラで使用できる。Gレンズに加えてCarl Zeissレンズというのが、予想通りとはいえうれしい。αマウントは、とりあえず完全復活といって良いだろう。

 春先の、ミノルタレンズの異常な高騰・品薄も解消されてきた。最近は、フジヤカメラに行くと単焦点レンズを中心に多くの中古レンズが展示されている。もともと、αシリーズは他社に比べて安価に良質なレンズを購入できることが魅力のひとつだ今回の発表で、またαレンズの魅力を手軽に楽しめる日が来ると良いのだけれど、発表を見ると、若干コニミノ時代より高めの価格が設定されているようだ。

 今回はファミリー向けの機種だが、発表されたレンズのスペックと発売時期を見ると、秋に上位機種が出るのは間違いなさそう。まあ、年内はカメラを買うことはないが(汗)、期待して待ちたい。

 それにしても、このレンズラインナップ。ちょっと不思議。α24-105mmF3.5-4.5なんて、明らかにフィルムカメラ用のスペックだ。もしかして、秋に出る上位機種は、フルサイズなのだろうか。

バリオゾナーDT16-80mmF3.5-4.5 10万3950円←普段用にほしい

プラナーT85mmF1.4 18万9000円
ゾナーT135mmF1.8 21万円
ソニーα135mmF2.8 STF 18万3750円 ←どれかひとつ、ネコ撮り用にほしい

ソニーα35mmF1.4G 19万7400円 ←とりあえずほしい。

 言っておくが、いずれもレンズ一本の値段である。ううむ。

 というわけで、平日の昼間からマニアックな話失礼しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 最近マニアックすぎて面白い。
    私には分からないけど…
    韓国ネタと猫ネタなら分かるんだけど。

  2. かんりにん より:

    びみょーなコメントありがとうw
    また韓国ネタも出しますね。

  3. ぱんや~ より:

    ほんと、う~む、という感想ですね。爆)
    カールツアイス レンズと銘打って
    出してきた割に、Gと変わらない値付け
    というのが、1枚しか使ってないんじゃないの?という噂の信憑性を醸し出してますね。
    来年あたり、4割引き位になったら、
    35mm f1.4買います。
    今日、500mmレンズ届いたんですが
    思いっきりかびてました。泣)
    ただいま、返品交渉中。な ぱんや~です。

  4. α100

    ついにと言うか、、、やっとソニーが発表しました。発売価格は10万円前後で手ブレ補…