限度額の引き下げ

 三菱東京UFJ銀行なる長ったらしい名前の銀行からハガキが来た。
 裏面をぺりぺりっとはがすこの手のハガキは、督促状だったりすることも多いので油断ならない。

 開いてみると、いきなり「50万円→10万円」という文字が目に入った。

b0098

「お客さまはニートと認められますので、限度額を引き下げます」

 一瞬めまいを覚えたが、よく見たら違うようだ。

 海外での出金機能を制限するということらしい。

 やれやれ、またか。

 三菱東京UFJになってから、国際サービスは縮小の一途を辿っている。そもそもこの銀行、海外で自由に預金を引き出せるインターナショナルカードは、すでに新規に作ることができないのだ。それに加えて、3月からは1日10万円しか引き出せなくなるという。三菱の預金は海外では使わせない、という方針らしい。日本一の大手銀行が聞いて呆れる。国際化から逆行する措置という気がしてならない。

 まあ、今は新生銀行の口座を持っているので、三菱が韓国で使えなくなったところであまり実害はない。新生銀行は、海外でも手数料無料なので、三菱よりかえって使い勝手がよいくらいだ。

 税金を投入した挙げ句に、外資にタダ同然で買収されたと批判される新生銀行(旧日本長期信用銀行)だが、そのサービスは悪くない。

 最近の三菱は、手数料も高止まりで「親方日の丸」を感じる。
 そのうち、カードの決済を含めて全面的に新生銀行に移ろうかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 「お客さまはニートと認められますので、限度額を引き下げます」って声を出して笑ってしまいました。 私も東京三菱の海外カード持ってたんですが、手数料、口座維持料なんかが
    ばからしくなって新生銀行に変えました。
    今度東京に行ったら東京三菱を解約します!
    銀行が大きすぎるのも少し怖い気がします。
    それではまた~。

  2. ほんと、最近の三菱銀行はがっかりなニュースが多いです。
    新生銀行、7-11がないと不便だったりもしますが、頑張ってますね。