木浦港への貨物線

5141

 朝鮮半島南西の港町、木浦に来るのは3回目だ。
 KTXの乗り入れで、駅や周辺の線路がすっかりきれいになったが、駅から少し港のほうへ歩くと、こんな風景が残っている。

 廃線跡ではない。

 木浦駅と、木浦港を結ぶ貨物線だ。今も、ごくたまに貨物列車が通るらしい。
 線路脇の建物というのは、普通線路に背を向けているものだが、この通りはどの家も線路側が表である。

5140

 左側の建物は、すべて商店だ。雑貨屋、中古電化製品店、食堂、文具店…、なんでもある。

 なんて、アジアな風景だろう。

 タイやパキスタンでは、今でもこういう風景をよく見かけるが、韓国にも、まだ残っているのだ。

 線路は、子供たちの格好の遊び場だ。

5143

 かわいくない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 320 より:

    木浦かぁ~
    いまだ行ったこと無い地方のうちの一つですね。
    田舎臭さがまたいいのでしょうねぇ~
    海の幸の取材は?