「風のファイター」

680.jpg
 そんなわけで、東大門MMCで見た「風のファイター」。
 極真空手の創始者で、在日韓国人だった大山倍達の一代記。平山あやがヒロイン「陽子」、加藤雅也が主人公・崔倍建のライバル、武士の血をひく武芸家・「加藤」として出演している。主な舞台は、昭和20年代の日本だ。
 感想。えー、大山倍達ではなく、せがた三四郎だった。その筋の方は、ぜひ見逃さないように。
 韓国人が演じる日本人は、例によってムリヤリな日本語がいっぱいだ。
「コノ、チョウセンジンガー!」
「イマゴロニナッテ、ミカジメリョーカヨー」
頑張っているのはわかるのだが、聞き取るのに苦労する。
「ヤメテクダサイ!ダレカ、タスケテクダサイ!」
「キット、アノタスケテクレタヒトガ……」
 ……平山あやだった_| ̄|○
 映画は強引な展開で完成度は低かったが、「かっちょいいアクション映画を作るぞ!」という意気込みは気持ちよく、2時間たっぷり楽しめた。物語は、まさにせがた三四郎(わからないって?)。大山倍達が、差別される。強くなる。強くなる。挫折する。あ、恋愛?そんな感じ。一人にもかかわらず、声に出して突っ込み入れていた自分がちょっと怖い。
 時代考証がどう見ても戦前だったが、ロケ地がKBS水原スタジオオープンセットと愛知県の明治村だったので、やむを得ないところか。でも、池袋の闇市に「ぜいたくは敵だ」の垂れ幕があるってのはどうかなあ。パチンコは「パチソコ」だったし。
 客はよく入ってた。やっぱり、こういう単純明快なアクションものは受けるみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 月下独想 より:

    「風のファイター」

    風のファイター(2004年 主演ヤン・ドングン)
    http://www.fighter2004.co.kr/
    極真の創始者、蔡・ベダル(大山倍達)の…

  2. soon より:

    突然すみません。
    トラックバックさせて頂きました。
    >強くなる。強くなる。挫折する。あ、恋愛?そんな感じ。
    その一言、あの映画をうまく表現してます!
    思わず笑ってしまいました。

  3. ミチミチ より:

    「風のファイター」試写会

    「風のファイター」
    監督 ヤン・ユノ
    CAST ヤン・ドングン/加藤雅也/平山あや・・・story
    朝鮮半島から日本にやってきたペダル。彼はパイロットになりたかった。しかし、その夢も途切れ、いくつきさきも見えない。ある日、叔父であり師匠であるボトスと思わぬ再会をす……