あまりに近い、日本と韓国

去年の10月のこと。ビザやら何やらの関係で、福岡に行って来た。
福岡からソウルに戻る朝。福岡空港に8時前に着いた。 搭乗手続きを済ませ、コンビニなどをうろうろする。
♪ちゃららっちゃららっちゃららっちゃららら…
ロビーのテレビで「てるてる家族」が始まった。9月の放送開始以来、丁寧な演出と魅力あふれる出演者たちによって、僕がすっかりはまっている朝の連続テレビ小説だ。その日も、気持ちよく笑い、ちょっとほろりとして、爽やかな気分になった。
9時、福岡を離陸。ソウルまではわずか700km、1時間であっという間に仁川国際空港に到着した。まだ朝なので入国審査もガラガラ。10時半ごろ到着ロビーに出て、清凉里行き602番バスに乗ったのは11時前。
バスはソウル市内に入ったところで渋滞し、かなり時間がかかった。新設洞に着いたのは12時30分ごろ。10分ほど歩いて、アパートに到着。荷物を降ろし、とりあえずテレビを付けた。
♪ちゃららっちゃららっちゃららっちゃららら…
「てるてる家族」が始まった。時に12時45分。昼の再放送だ。
朝ドラの同じ回を、日本と外国で見るとは。
あまりに近い、日本と韓国である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク