手術後10日経過。

Pa250046s

 あまり自分の写真を見せるのは趣味ではないんですが、手術から10日が経過した、今日の写真をアップしてみます。

 すでに点滴類や詰め物などはすべて取れており、一見、脳外科の手術を受けたとは思えません。いかに低侵襲(身体を傷つける行為が少ない)の手術であるか、わかると思います。

 実際には、左の鼻腔の奥を切開して下垂体にアクセスしており、鼻をかんだり、こすったりすることは今も禁止されています。

 術後の各種テストでは概ね良好な数字が出ていますが、TRH負荷試験というテストでは、正常なら影響を受けないはずの成長ホルモンが、依然として薬品投与と共にやや増加する反応を示しています。

 もっとも、これはよく見られる現象で、成長ホルモン自体は完治の目安である0.4を下回り、0.3にまで下がっているので、いちいち気にすることはないそうです。

 水分がいろいろ出ていくこともあり、入院前に比べて3キロちょっと体重が落ちました。

 それ以上に、むくみが引く、靴が若干緩くなる、家族から耳や唇の変化を指摘されるといった変化が出ています。プラシーボ効果かもしれませんけど。

 鼻づまりはひどいですが、体調自体は良好。もうすぐ、今の病院は退院となります。

コメント

  1. 黒田福美です! より:

    写真拝見しました!
    一言で言うと「弟さんかと思いました」^^
    ほっそりされて、お若くなったような・・
    かげりさんを「おひたし」にしたみたいに、サッパリして。
    私は入院直前にお会いしているわけですから、その違いがくっきりわかりますよ。
    ほんとうにお元気そうで何よりです。
    もうすぐ退院とか・・。
    待ち遠しいでしょうね。
    退院したら是非、お祝いに一献かたむけましょう!

  2. かんりにん より:

    黒田さん
    コメントありがとうございます。
    お、おひたしですか。新しい表現ですね(^^)。
    明日、水曜に退院が決まりました。
    しばらく、傷口が落ち着くまではお酒は控えるように言われていますが、長くはないので、近いうちにお会いできればと思います。
    本当にありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA