反日一色ではない韓国の言論

 竹島問題、そして歴史教科書問題で揺れる日韓関係。日本人の目から見ると、韓国の感情的な対応がとても不思議に見える。日本の報道を見ていると、韓国は反日一色に染まっているように見え、恐ろしさすら感じるほどである。
 たしかに、竹島(韓国名:独島)に関して言えば、韓国の国論は一致している。
 しかし、日本に対する姿勢については、さまざまなな意見があることも事実である。
 韓国第2の全国紙である中央日報は、日本について以前から比較的冷静な報道をしている新聞だ。今回の騒動でも、「独島問題は中央政府の問題であり、民間レベルの交流に影響を及ぼすべきでない」「歴史教科書問題は、日本の一部右翼・保守勢力の工作であって、その歴史観を日本人の総意と捉えるのは誤りだ」と盛んに主張している。
 そんな中央日報が、「逆行する独島対策」と題するコラムを掲載した。
 韓国では、島根県議会の「竹島の日」制定の裏には、日本政府の支持・ほう助があるという主張が一般的だ。しかし、このコラムではそうした認識を「東京と島根の双方で事実とかなり食い違っている」と述べている。「島根県には、扶桑社の歴史教科書を採択した中学は一校もない」「故に、独島と歴史教科書を同レベルで論じるのは誤りだ」という主張も、韓国のマスコミにしては珍しく?論理的だ。
 もともと盧武鉉政権に批判的な新聞なので、政府批判が目的という面もあるのだろう。
 だが、このような論議が提起されていることも、知っておいて損はない。

コメント

  1. ようすけ より:

    色々な問題をごったまぜにした反日チャンポンにはうんざり。
    中央日報は心の支えです。この新聞がなかったら韓国不信になってたかも…

  2. 正直言って、「ようすけさん」と同意見です。
    小さい頃、韓国はコワい国という印象がありました。
    過激であるというような・・・でも、歴史的なことを考えると、日本人がいじめてたから、きっと日本人を嫌いで日本人にだけ意地悪なんだろう・・・しかし、私の周りの在日のおじちゃん、おばちゃんは優しいし、作ってくれる韓国料理も美味しい。子供用のチマチョゴリをおみやげで貰って着せて貰って、その綺麗な色に感動したり・・・そんな中で、いったいどっちなんだぁ?
    嫌われてるのか?どっち?
    これが、私の幼年期の韓国への思いです。
    日本も確かに悪いんですよ。しかし、正直言って
    「そんなにキライ、キライと悪口言われても、私にはどうも出来ないし、あなた方の気持ちは解るけど、私もその日本人でアル以上、もう、離れたほうがいいのかな・・・嫌われてるんだからしょうがないよね」と単純に考えることもあります。
    それほど、過激に映っているのは事実。私は韓国ドラマのネタも良く書き込んでますが、実際、そのようなBlogを書き込んでいる人の数は激減してるし、違うネタになってきてますね。
    あのヨン様SITEの掲示板も荒れ放題です。
    きっと、ファンも不安や疑心暗鬼を持つ人が出てきてるのでしょう。金儲けは日本で!とか、そう言うことでスゴいことになってます。
    あちこちの韓国好きな人たちが、悲しくなって消えていってるのは事実ですねえ。
    こまったもんだ・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA