ラジオで聞いたバーレーン戦

 仕事しながら、ラジオで日本vsバーレーンを聞いていた。
 僕はサッカーは詳しくないけど、あんまりいい流れじゃないことは伝わってきた。
 サッカーは、ラジオ中継には合わない。がんばって聞こうとしても、今ピッチで何が起きているのかさっぱりわからないのだ。
 やかましくなったら、どっちかがチャンス。
 それだけ。しょうがないので、静かになったところで耳を澄ませ、どちらのチームがどうなったのかを聞き取る。ラジオは実況がすべてなんだから、聞き取れる声で実況してくれないと意味がないと思うのだが。
 もうひとつ、ものすごく不愉快なのが、相手のチームをけなすことだ。
「あっ、あっ、今のはシミュレーションですか!!!」
「こうなると、もうバーレーンはたいしたことないですね。単純な攻撃しかできませんから」
 とか、いつから日本の放送はこんなに下品になったんだろうと思うほどだ。
 自国を応援するのはいいけど、韓国とか中国のサポーターを非難する前に、日本の実況をなんとかしてほしい。
 ところで、今回の最終予選、日本と韓国がものすごく仲がいい。緒戦ホームで勝利、第2戦アウェイで惨敗、第3戦苦労しながらホームで勝利。今夜サウジが勝利すれば、順位まで仲良く一緒。2位。
 まあ、一緒に苦労しながら、ドイツに行こうってこった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA