カメラにはまりゆく日々

2022
 写真もそれなりに撮れないと、フリーのライターとしてはやっていけないだろう。
 そんな発想で始めたカメラだが、加速度的にハマっている。
 ヨドバシカメラにプリンターのインクを買いに行ったついでに、カメラ売場を冷やかした。2日に1度は来るカメラ総合館2階。店員は、たぶんもう僕の顔を覚えているはずだ。
 なにげなく、ニコンFM3Aを手に取った。デジタル、そしてフルオート全盛の現代にあって、ニコンが今も売り続ける機械式マニュアルフォーカスカメラだ。懐かしい、フィルム巻き上げレバーがついている。
 ジーッとレバーを巻き上げ、ファインダーを覗く。明るい。よく見える。レンズのリングを回してピントを合わせ、シャッターを押す。カシャッ。
 ……じーん。
 惚れた。
 これぞ、カメラ。
 ほしい。本格的に写真の勉強をするなら、必携のカメラだ。写真の技術を磨くためには、ぜひとも必要な道具ではあるまいか。
 ……ダメだってば!!!!
 いったい、この年末年始、カメラにいくらお金を投じたと思ってるんだ>自分
 取材に必要だからと、ここには書けないあんなものや、こんなものも買ったばかりだというのに。
 我慢した。ちなみに新品で10万円(笑)。
 また、著書でも出して潤ったら買ってやろう。
 待ってろよ。

コメント

  1. あけましておめでとうございます。
    このシャッターを押したときの気持ちはよくわかりますよ。(笑)
    ワタシもずっとマニュアルフォーカス・機械式シャッターを持つ”new FM-2”を使っているからです。他のカメラは手元から消えていきましたが、これだけは手放せません。世界中色々な場所へ一緒に連れていきました。
    ただ、ここ数年はすっかりデジカメを使う事が殆どになり、なんとなく写真も下手になってしまった気がします。なんだか久しぶりに手に手に取ってあげたくなってきました。(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA