ユニクロ明洞店。

 b0012

 ユニクロ・ダイソー・ヨドバシカメラ。

 僕が、ソウルに欲しい三大チェーンだ。

 ダイソーはずいぶん前からあったが、この秋、明洞のロッテデパートヤングプラザに、めでたくユニクロが進出した。

 一昨年に登場した、明洞ロッテデパート本店のヤングプラザ。当初6階にはラーメン屋や寿司屋が入っていたように記憶しているが、
予想通りすぐに撤退。代わって入店したのが、ユニクロ明洞店である。このヤングプラザ、1階には以前から無印良品があり、
ほとんど国籍不明になりつつある。

 早速、様子を見に行ってきた。

 さすがにデパートの中なので、勝手に写真を撮ることはできなかったが、まがうかたなきユニクロだ。

051205_1624

 6階の約半分がユニクロになっており、日本の中規模店舗とほぼ同じくらいの床面積だ。品揃えも日本とほぼ同じ。
女性向けのアイテムが、やや派手&かわいい系にふられている気がしたが、メンズ・ユニセックスは、全く同じと言って良い。

 感心したのは、その値段。日本の値段に、ゼロをひとつプラスしただけと言って良く、オックスフォードシャツ(1,980円)
は19,900W、起毛タートルネックシャツ(1,000円)は10,000W。カラーソックスも、4点で10,000Wだ。

 レートが下がった分、今は韓国のほうが高いが、以前の100円=1000W水準にもどれば、日本と全く同じ価格ということになる。

 韓国でカジュアルブランドといえば、香港のジョルダーノと国産のアイゲンポスト、BASIC HOUSE、
Who.A.Uあたりが有名だが、見たところ品質、値段ともにユニクロの勝ちだ。今のところ、さほど混雑はしていないが、
知名度の低さを克服すれば、きっと韓国でもブレイクするに違いない。

 明洞のメインストリートを歩くと、相変わらずめまいがするほどの変わり様だ。PUMAが斜め向かいに移転して、
元の場所にはCONVERSEが入店、Who.A.Uは北側に再び移転して、アディダスが裏通りから移転……と、君たちは縁日の屋台ですか?
というくらいにコロコロ移っている。

 このストリートの一角に、ユニクロが路面店を出店すれば、かなり行けると思うんだけどなあ。少なくとも、
数年は動かずに頑張ってくれるだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 緒方 より:

    ユニクロできたんですね。結構前のようですが。安東で仕事している日本人です。フリーツとか韓国にはあんまりないので、今度ソウルに行ったらユニクロに行ってみようと思います。無印は食料品もあるんですか?結構、高いと書かれてましたがどれくらい高いんですか?安東からミョンドンは遠いですか行ってみようと思います。

  2. 緒方さん、先日はお世話になりました。わかりますか?
    無印は、たしか食料品はなかったように思います。値段は、もう詳しくは覚えていませんが、日本の3~5割増しだったような気が……。レートも変わったことだし、値付けが変わっていると良いんですが。