旅するキーボード「MOBOキーボード」

年に一度くらい発症する、iPad用外付けキーボード祭り。

今年は?「旅するキーボード」こと、「MOBOキーボード」を買ってみました。

3つ折りにできる折りたたみBluetoothキーボード。畳むと文庫本より一回り大きいくらいのサイズに。

付属のアルミケースは、スタンドにもなります。

この製品の何よりのポイントは、折りたたみ式にもかかわらず、十分なキーピッチと打鍵感を備えたフルキーボード。
なかなか丁寧に作られていて、iOS11の日本語入力が改善されていることと相まって、なかなか快適に入力することができます。
僕としては、一段目の数字キーが小さくなっていないのがポイント高いです。

右端のキーのみ小さいですが、僕は気になりません。この辺りは、人によるでしょう。逆に、スペースキーが左に寄っていて、僕のスタイルではホームポジションに手を置くと右手親指が変換キーに来てしまうのは少しマイナスです。

スイッチ類がなく、キーボードを広げると電源オン、畳むとオフになる仕様も◯。
OSに関わらず、2台とペアリングして、ワンタッチで切り替えられるので、iPadとiPhoneの両方で使えます。

しばらく使ってみたけど、従来の外付けキーボードや純正のキーボードカバーよりはずっと快適に入力できる印象。
ただ、アプリによっては、ちょっと重く感じるものもあります。

ブログ更新は、結局アプリを使わずウェブから入力するのが良さそう。

総じて、非常によくできたキーボード。アプリを選べば、完パケの原稿作成も可能でしょう。でも、外付けキーボードの宿命だけど、

・キーボードを取り出して
・折りたたまれたキーボードを開いて
・スタンドをセットしてiPadを設置する

という手順は、やっぱり煩わしい。テキスト入力がメインなら、Chromebookの方が優れていると思います。