両国駅Shu*Kura Bar

 この週末、普段は新潟の飯山線などで運行されている観光列車「越乃Shu*Kura」が千葉県内を走るということで、金曜日は両国駅で前夜祭が開催された。
 「越乃Shu*Kura」を両国駅3番ホームに展示し、ホームでジャズの生演奏を聞きながら千葉の地酒を楽しもうという、「Shu*Kura Bar」だ。
 かつて急行列車が発着した3番ホームの入口でイベント参加券を500円で購入すると、30種類の地酒から5種類を試飲できる。参加券は500枚、地酒2500杯を用意したそうだ。
 スタート時間の17時に両国駅に行くと、すでにホーム入口には長蛇の列。20分くらい並んだ末にようやく参加券を購入できた。20時までの予定だったが、18時すぎには参加券が売り切れ、駅員が後から来た人に平謝りすることになった。
 列車はあくまでも見学用の展示で、車内での飲食は厳禁といのこと。入口は大行列だったが、ホームは比較的余裕があるので、ジャズを聴きながらのんびり酒を飲む。
 見知らぬおじさんからおつまみを分けてもらったりするうちに、「お酒がなくなった」という案内が聞こえた。まだ19時前。手元には2杯分権利が残っているのに、こちらも見込みが甘かったみたい。
もはや何のイベントかわからない

もはや何のイベントかわからない

 しょうがないので、改札外のコンビニへ行き、ビールやハイボールを調達してきた。ジャズなどのプログラムは20時まで組まれているので、お酒がなくなった以上持ち込んでも文句は言われないだろう。
 地酒がなくなると急に人が少なくなり、むしろここからが本番だった。20時まで楽しみ、ほろ酔い気分で帰宅。「越乃Shu*Kura」の車両はほとんど見なかった。
唯一撮った車両の写真がこれ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA