FUSION IP-Phone SMARTを試す

FUSIONが15日から始めた、スマートフォン用のIP電話サービス、「IP-Phone SMART」を試してみた。

これは、基本料無料、通話料一律30秒8.4円のIP電話サービス。

クレジットカードを登録すると、050で始まる番号がもらえ、手持ちのスマートフォンで発着信できる。パケット通信を使い、30秒21円という割高な通話料金を支払わなくてすむというわけだ。

同じようなサービスには、NTTコミュニケーションズの「050Plus」があるが、あちらは留守番電話や転送サービスが付く代わりに、月額315円がかかる。FUSIONは、そういった機能が一切なく、日本国内の番号にしか発信できない代わりに、基本料金無料を実現した。

また、特定のアプリを導入する必要がなく、iOSやAndroid向けの汎用VoIP電話アプリがあれば使えるというのも、興味深い。設定が必要なので正直敷居は高くなっているが、自由度は高そうだ。

今はまだβテスト中ということで、登録から5日間、最大1時間分(120度)を無料で使える。

早速、GalaxySに、推奨アプリであるChiffonを入れて天気予報にかけてみた。

回線は、WiMAXだ。

印象としては、WiMAX以上の回線であれば、だいたい問題なく使えるみたい。

3Gでは、使い物にならなかった。キーンキーンというノイズが聞こえるだけ。

PHSからかけてみた動画もアップしてみた。情けない声なのはご容赦。

エコーしまくっているのは、送信機と受信機を並べているからで、実際にはこれほどのエコーにはならない。遅延や音質の目安としてください。

LTEやWiMAXを内蔵したスマホなら、十分使えると思う。

ただ、WiMAXが入る場所なら、ウィルコムもたいてい入るから、僕には今のところあまり存在価値がない。

でも、月額無料なのでとりあえずは確保しておこう。

通話明細や着信転送ができるようになったら、面白いサービスだと思う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA