こだま車内販売最後の旅

16日限りで300系が引退したけど、その陰で「こだま」の車内販売もひっそりと廃止された。

「こだま」の車内販売は数年前から一人乗務になっていた。16両を一台のワゴンで往復となると、1時間に一度くらいしか来てくれず、利便性が悪い。短距離の利用者が多い「こだま」ではなおさらだ。

そう考えると廃止はわからないでもないが、「合理化→利便性低下→廃止」の流れは、まるで国鉄をみているようだ。

お別れに、新大阪行き最終の「こだま」グリーン車に乗った。

「ぷらっとこだま」のドリンクチケットを車内で使えるのも、今日が最後。チケットにもちゃんとその旨書いてあった。

最後の、車内引き換え。

サッポロ黒ラベルは300系引退記念ラベルだった。

崎陽軒の特製シウマイ。車内販売のシウマイはお土産用の真空パックなので、事前に確保しておいた。やっぱり、これだよね。

弁当は、駅で買った「300系引退記念弁当」。商売しますな。

そして、これ。スジャータのアイスを「こだま」車内で食べられるのも今日が最後。今までありがとう。

車内販売がくる度に、ビール、ワイン、アイスと購入しまくったので、最後には僕の前にくるとなにも言わないのに立ち止まってくれた。かなり、苦笑されてた気もするけど。

23時半に新大阪到着。ビール二本にワイン。シウマイ、駅弁、アイス。かなりへべれけになりました。

車内販売はなくなるけど、こだまは各駅で3〜5分停車するので、ホームの売店で買い物ができる。静岡などは、わさび漬けとか特産品もホームで売っているのでお値打ちだ。

これからも、のんびり汽車の旅を楽しめる、こだまで行こう。

車内販売、おつかれさまでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA