「おしゃべりクイズ 疑問の館」に再び出演

Img_1163
放送終了直後のスタジオ。左から佐藤正宏さん、瀬戸カトリーヌさん、古谷敏郎アナウンサー、田村彰子記者、わたくし。「有名な横浜のシウマイ」を試食しています。

 月曜日、NHKラジオ第一放送「おしゃべりクイズ疑問の館」に出演してきた。昨年9月29日以来、2回目の出演だ。

 テーマは前回と同様「新幹線」だが、今回は東海道新幹線の清掃スタッフ「キャスト」が主なテーマ。少し前に密着取材をしたという、大手新聞社の田村記者がメインゲストだ。実は、当初僕の出演予定はなかったのだが、鉄道の専門家ではない田村さんの希望で、数日前にオファーをいただいた。

 おしゃべりパートナーは、女優の瀬戸カトリーヌさんと、ワハハ本舗の佐藤正宏さん。全くの偶然だが、佐藤さんは昨年の出演の際にもご一緒した。今度、ワハハの公演にも行ってみよう。

 オンエアは20時05分からで、19時前に渋谷のNHK放送センターに到着した。この半年ほどで、入館のセキュリティがずいぶん厳しくなったようだ。

 まずは、会議室でディレクターや司会の古谷敏郎アナウンサーと打ち合わせを行う。だいたいの構成をまとめた台本をもとに、全体の進行を確認する。僕や田村さんが話す内容も、おおまかに確認するだけで、詳しい話をしようとすると、「じゃあ、そこからはオンエアでお願いします(笑)」とストップがかかる。話題の鮮度を、本番まで保とうというわけだ。

 打ち合わせはスムーズに終わり、あとは本番まで、瀬戸さんや佐藤さんも交えてコーヒーを飲みながら談笑して過ごす。今期の朝ドラ『ゲゲゲの女房』がいかに良作かという話で盛り上がった。

 10分ほど前にスタジオに入り、そのまま雑談をするうちに本番スタート。今回も、前回同様リラックスした雰囲気だ。

 さて、今回のテーマは、前述の通り新幹線の清掃スタッフ。話題の冒頭、古谷アナウンサーが、パートナーのお二人に写真が提示し、「こういう方を見たことがありますか?」と尋ねた。東京駅で、ピンクの制服を着たキャストの人々が新幹線を迎えている写真なのだが、写っている車両が、なんと100系。「いったいいつの写真ですか」と突っ込みを入れたくなったが、頑張って我慢した。すくなくとも、2003年夏より前の写真ということになるが、その頃からキャストの人々が今と同じ制服を着ていたというのは、ちょっと意外だ。

 メインゲストが田村記者ということで、僕が話す機会はあまり多くなかったが、風邪をひいているわりにはなんとか役割を果たすことができたように思う。最後、女性運転士の話題は、クイズになると勘違いしていてちょっと焦ってしまったけど。

 ラジオ出演は楽しい。また、次の機会がありますように。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA