SUPER BELL”Z「鉄道ナイト7」

Img_0169

 10日、東京カルチャーカルチャーで開催された、SUPER BELL"Z(スーパーベルズ)のトークイベント、「鉄道ナイト7」に出演してきました。ご来場くださった皆さま、どうもありがとうございました。

Img_0171

                 *                                                        *

 今回のイベントは、開演16時、終演21時という、5時間もの長丁場。僕が出演するのはラストに近い20時からで、出演者も多く、あまり早く行くと迷惑かもということで、19時半に会場入りした。

 外のバルコニーを通って楽屋に入ると、そこにいたのは横見氏。リリースに、「大物『鉄』シークレットゲストも登場」とあったゲストさま(笑)だが、バレバレだ。

 まもなくイベントは最後の休憩に入り、楽屋に戻ってきた野月さん、土屋さんらと挨拶を交わす。数多くの現場で、何度もお会いしてきたSUPER BELL"Zだが、土屋さんときちんと挨拶するのは初めてかもしれない。

 

 土屋氏「なんか、いつも横見さんと一緒にいる方ですよね?」

 違います! 

 

 19時50分、イベント再開。ベルズのお二人と、S-flyer桜井DJ氏の3人で10分ほどトークがあったあと、呼び込みがあってステージへ。

 いつも通りやればいいはずということで、車窓紹介のスライドを、数点用意しておいた。このスライドショー、「鉄道ナイト7」の第一部が開催されている16時すぎに、お台場海浜公園駅前のサイゼリヤでコツコツ作っていたというのは内緒だ。

 土屋さんからのツッコミ攻撃をなんとかしのぎ、トークは15分ほどで終了。シークレットゲストの横見氏が呼ばれ、炎上がどうのといったダラダラトークが展開された後、最後の企画、「エアトレイン大会」となった。口で鉄道の物まねをするという、とんでもなくマニアックなパフォーマンスだ。

 土屋氏「では、最初は栗原さんからっ!」

 やっぱり!!

 エアトレインに参加する話は全くなかったが、休憩明け直前、野月さんに「終演まで壇上にいてください」と言われた時から、嫌な予感がしていたのだ。

 結局、呼び込みまでの数分間に考えておいたネタを披露することになった。僕の人生初のエアトレインだ。どんなネタだったのかは、会場にいた方々だけの秘密としたい。

 お客さん有志による、プロ並みの?エアトレインを壇上から楽しませていただき、21時20分ごろにイベント終了。

 SUPER BELL"Zと僕では、だいぶノリや感性が違うはずで、場違いにならないか心配だったが、ステージに上がってしまえば、あとは楽しいひとときだった。

 また、機会があったら、こうしたトークイベントには参加してみたい。「鉄道ナイト8」は、一般のお客さんとして参加しようかな。

 

コメント

  1. エモやん より:

    うわー。
    栗原さんのエアトレイン、見たかったですね。
    いけなくて残念です。
    こんどは僕もムチャ振りしてみます!w

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA