WiMAXサービス正式発表

Uq01

 KDDIが推進するWiMAX事業、UQcommunicationsがサービスの詳細を発表。2月26日から、東京23区・横浜市・川崎市でサービスを開始する。

 要するに、次世代の高速モバイル通信サービスだ。イー・モバイルなどの既存モバイル通信キャリアが、理論値7.2Mbpsであるのに対し、UQは40Mbps。実効速度も下り16Mbps程度を見込んでいるという。

 料金体系は極めてシンプル。月額4480円の完全定額制、契約期間による縛りはなし。端末は、データ通信ユニットのみで、1万円台前半となるようだ。

 実効速度にもよるが、10Mbps前後が安定して出てくれるだけでも、魅力的なサービスだ。事務所で仕事に使っているブロードバンドとほぼ同じ条件で、モバイル通信ができることになる。

 さすがKDDI、お金を持っているなと感心させられるのが、お試しモニター期間だ。6月末まで5000人にデータ通信ユニットを無償で貸し出し、通信料・登録料・解除料一切無料とするという。早速、応募した。僕の場合、イーモバイルを辞めるわけにはいかないが、4カ月無料で試せるのは魅力的だ。

 次は、PHSのウィルコムによる次世代PHS通信サービス、WILLCOM COREが待っている。こちらは、3800円くらいで20Mbpsを目指してくるはず。心情的には、ウィルコムにもっと頑張ってほしいところだ。

コメント

  1. TKC より:

    試してみたいとは思っていたですが、残念ながらモニターの対象外でした(涙)。
    興味があるので、当選したあかつきには、ぜひレポートをお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA