キングソフトオフィス2007plus

Ko2007b

 久しぶりに、キングソフトオフィス(KINGSOFT Office)の話。

 一昨年の春、正式版がリリースされた、キングソフトオフィス2007。中国のキングソフトがリリースした、マイクロソフトオフィス2003互換のオフィススイートだ。

 βテストのときに、何度かバグレポートや要望を送ったおかげで、正式版リリースの際、1ライセンス当選していた。

 これで権利的には大丈夫なのかというくらい、マイクロソフトオフィスにそっくりなのだが、僕の場合はひとつ問題があった。

 それは、表計算ソフトの多言語対応だ。

 ハングルを入力しようとするとインライン入力にならず、さらに印刷するとハングルが文字化けした。

 キングソフトに問い合わせると、「Spreadsheet2007は、多言語には非対応」との解答だった。

 ハングルが使えないのではしょうがない。かなりつかえるアプリケーションだったが、結局その後、デスクトップを更新した時にマイクロソフトオフィスを購入した。

 それから、ずっと使わなくなっていたのだが、いつの間にか、「キングソフトオフィス2007plus」にバージョンアップしていた。

 試しに、ノートpcに導入してみると……

 ハングルが使えるではないか。インライン入力OK、印刷も、問題ない。

Ko2007a

 アップデート情報には書いていないが、密かに多言語に対応したらしい。

 僕は、マクロはまず使わない。これで、ほぼオフィス2003と同様につかえることになった。

 ノートのほうは、ずっとOpenOffice.orgで頑張ってきたが、これは、いいかも。乗り換えようかな。

 それにしても、「おすすめ本」に「できるWORD/EXCEL2003」を指定して、差分pdfを用意するとは、清々しいほどの模倣っぷりだ。

Ko2007c

コメント

  1. かごしぽ より:

    先日、某家電量販店の中古PCコーナーで手ごろなダイナブックを見つけたので、スペックを見てみると「インストール済みソフト」のところに「キングソフトオフィス2007」が。OSはXPプロフェッショナルでした……

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA