札幌への二つのルート


 根室本線を西へ向かう。
 今日は夜までに札幌に着けばよいのだが、そのルートは大まかに言って二つある。
 ひとつは、今乗っている快速「狩勝」にそのまま乗り通し、富良野、滝川を経由して札幌に出るコース。本数が少なく、車窓がよいのになかなか乗れない新得ー落合間を経由し、富良野でも降りられるメリットがある。
 もうひとつは、新得で石勝線に乗り換え、新夕張、千歳を経由して札幌に入るコース。こちらは、新得ー新夕張間に普通列車が走っていないため、青春18きっぷや北海道東日本パスでもそのまま特急に乗れるという特例を体験できる。
 車窓は、落合ルートのほうがいいが、富良野は1~2時間程度の滞在では駅前で食事をとるくらいしかすることがない。
 石勝線は、乗り鉄のネタとしておいしいし、新夕張駅前の旧紅葉山駅のホーム後がどうなっているか見に行きたい。しかし、車窓としてはトンネルばかりでいまいちだ。
 さて、どちらを選択するか。時刻表を眺めているうちに、妙案を思いついた。

コメント

  1. TKC より:

    バスで先回りするとか、いかがでしょうか(笑)。
    って、ここじゃなかったけどね。
    個人的には、やはり富良野経由で行ってみたですな。
    凍結した金山湖でも眺めてきてください。白いだけかと思いますが…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA