古本市で見つけた3冊

 I出版での打ち合わせを終えて降りてくると、1階のホビーショップで古本市をやっていた。鉄道や飛行機、ミリタリーの本がずらりと並ぶ。ざっとワゴンをチェックすると、

 この3冊が、きれいに並んでいた。

0046

 師匠である、レイルウェイ・ライター種村直樹氏の著作だ。

 それだけではない。この3冊は、恥ずかしながらいずれも僕が「読者」としてばりばり本文に出てきてしまう作品である。

 特に、真ん中の「日本縦断鈍行最終列車」には、中学生の僕が、トロッコ列車の中でタンクトップを着てピースサインをしているという、とてつもない写真が掲載されている。

 部屋の掃除をしてたら、「菊池桃子ファンクラブ」の顔写真付き会員証が出てきたよ。

 そんな気分だ(あくまでもたとえです)。

 いずれも、倉庫へ行けば保管してある書籍だが、これも何かの縁だろう。3冊とも捕獲してきた。

 仕事が一段落したところで、ぱらぱらっとめくってみた。懐かしさから、自然と自分についての記述に目がいく。

色の黒さは並ではない。
(中略)
「ブラジルからの留学生」と紹介したりすると、まず完全にだませたという。
(「気まぐれ列車も大増発」実業之日本社1992年)

「景さんがいなくなったら、急に晴れませんでしたか」
 柴谷が、にこりとする。
(「青春18きっぷの旅」徳間書店1992年)

 ……どうやら、僕はこの15年全く進歩していないらしい。

>

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA