キム・ガンシク結婚式

b0036

 僕の、もっとも古くからの韓国人の友人、キム・ガンシクが結婚。大阪弁を駆使する”丁稚くん”も、とうとう年貢の納め時だ。

 彼のお嫁さんに会うのは今日が初めてだが、彼女はあまり外国人慣れしていないようだ。新婚旅行から帰ってきて、
落ち着いたら遊びに行くとしよう。

 韓国の結婚式については、以前こちらに書いたので繰り返さないが、
今日の式は、韓国にしては凝っていた。式自体は例によって20分ほどで終わり、最上階のラウンジで各々ビュフェ方式の食事となったのだが、
ここに新郎新婦や両親が登場し、ケーキ入刀などが行われたのだ。ラウンジには、複数の結婚式の参席者が入り交じっていると思っていたのだが、
そうではなかった。明らかに式よりも人数が増えており、式には出ずにご祝儀と食事だけ、という人が相当数いたようだ。
この辺りは韓国らしい適当さと言うこともできるし、気軽にお祝いに来られるぶん理にかなっているとも言える。

b0037

 一般向けの式が終わった後は、親戚だけで幣帛(ペベク)と呼ばれる儀式が行われる。これは、
新郎新婦が韓国の伝統服に着替え、親戚に伝統的なしきたりにのっとって挨拶をするというもので、
本来友人は出席することはできない。なぜか僕はガンシク本人から携帯電話で呼び出され、見せてもらえることになった。

b0038

 上座に両親や親戚が順繰りに座り、新郎新婦の礼を受ける。新郎新婦より年下の親戚は、
立ったまま礼を受ける。新郎新婦は共同でお酒を注いでふるまい、親戚はお祝い金を渡す。最後に、新郎が新婦をおぶって、
場を一周するというのがならわしだ。いろいろと形式が難しい韓国のしきたりだが、詳しい手順を知っている韓国人はほとんどいない。そこで、
介添人のおばさんが付き、逐一手順を説明するのは、日本と同じである。

 冒頭の写真は、最後に新婦を負ぶったときのもの。明らかにガンシクのほうが重いはずだが、
なんだか苦しそうだった。でも、いいね。

 新婚旅行は、明日からアジアのほうに行くそうだ。お幸せに。

コメント

  1. みわ より:

    初めまして。私も今度、韓国人の友達の結婚式に呼ばれていくことになりました。
    なにせ初めてのことなので、一体どんなものなんだろうと思って拝見しに来ました。
    ご祝儀袋って日本のものとはやっぱり違うんでしょうか?相場で3万ウォンくらいと聞きましたが、式によっても違うんですか?
    楽しみな反面ちょっと緊張しちゃいます。

  2. かんりにん より:

    ソウルからこんばんは。
    韓国の結婚式は、日本に比べるとずっとシンプルです。
    ご祝儀袋も日本よりシンプルですが、要は気持ちが大事なので、日本のご祝儀袋でもかまわないと思います。あんまり派手なのは避けたほうがいいかもしれません。
    ご祝儀の相場は、3万Wないし5万Wです。みわさんが学生なら3万Wで十分、働いている方なら、5万Wが標準という気がします。別に3万でもかまわないとは思いますよ。

  3. みわ より:

    かんりにんさん、早速お返事いただきありがとうございます!
    とても参考になりました!!
    3万wとお祝いの品物を持参しようかなと思います。
    韓国で結婚のお祝いにあげる特別なものってあるんでしょうか?
    そのへんは日本とあんまり変わらず決まったものはないのかな…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA