扶余に到着

5108
 忠清南道扶余に来た。
 今から約1400年前に滅亡した、百済最後の都だった町だ。
 これまで、韓国のいろいろな町を訪れて来たが、扶余には来たことがなかった。いちおう、ガイドブックの地図確認が目的だが、僕自身の勉強のためという側面もある。
 百済の史跡自体は、百済が滅亡したときに新羅によって徹底的に破壊されていおり、今はほとんど残っていない。今はのどかな田舎町となっており、古い町並みが残っているので、町を歩くだけでもなんとなく楽しめる。
 今日は天気が悪すぎるので、明日、ゆっくり町をまわろうと思う。
 扶余で僕を迎えてくれたのは、やっぱり子犬。
5109
 韓国のイヌはかわいい。
5110
 おいらの手はゴツイ。
 ひとつ困ったことは、一人で入れる食堂がほとんどないこと。
 フライドチキンの店はいっぱいあるのに、チゲ類を食べられる食堂が見あたらない。しょうがないので、中華料理店でボックンパプ(チャーハン)を食べた。僕は今ではすっかり韓国式中華に慣れており、チャーハンにはこのチャジャン(黒みそ)がかかっていないと物足りない。
5111
 これで、4000W(約420円)なり。
 ホテルへ戻り、久しぶりにNHKをつけたら、なぜか副音声の英語しかでなかった。どうも、CATV局が設定を間違えているらしい。相変わらず、ここは韓国だ。

コメント

  1. 「英語」でブログ検索してみました。

    「 英語 」の検索結果で、「ソウルで、こんなこと考えた。 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA