ゲーム機購入

 ゲーム機を買った。
 プレイステーション2、ニンテンドーDS、ゲームキューブ……。
 数あるゲーム機の中から、僕が今回購入したのは、これだ。
5009
 セガサターン。
 いやあ、珍しくゲーム屋さんに寄ったら、懐かしいセガサターンが、3000円で売ってた。
 1994年秋、4万4800円で買ったゲーム機が、10年たった今、3000円。
 それ以上に悲しかったのが、ソフトだ。大学生時代、睡眠時間を削って熱中したゲームが、1枚30円とか100円とかで売られていた。
5010
 初期のセガサターンには、本当におもしろいゲームが多かった。最近のゲームも、店頭などでやってみるとなかなか楽しいが、絵がきれいになったという以外、目新しさはない。ゲームの楽しさの要素は、10年前にみんな出そろっていたのだ。それを打破し、新しい楽しさを提供しようとしているのが、こすったり叩いたりできる「ニンテンドーDS」なんだろうけど。セガサターンのゲームは、今遊んでも十分すぎるほどに楽しい。でも、そんな歴史に残るゲームが1枚30円とは、悲しすぎる。
 久しぶりにゲームをやってみたい気分だったこともあり、手当たり次第に買ってみた。
セガサターン本体      3180円
バーチャファイター2      30円
セガラリーチャンピオンシップ  80円
デイトナUSA          50円
ガングリフォン         100円
バーチャコップ          40円
バーチャコップ2        280円
計               3760円
 久しぶりに、ゲームな日々を送ってみようか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 書記長 より:

    その値段アツイ!
    というか、土星自体アツ杉。
    訪韓時には是非持ってこないとw

  2. 【SS】 ガングリフォン/ゲームアーツ 1996年

    今回ご紹介するソフトは、かなり熱くなれます(笑)。
    これは、1996年セガサターンで発売された3Dロボット・シューティングの名作ソフトです。ゲームアーツと言えば、昔から数多くのコアなファンから支持を得ているメーカーです。RPGのグランディア、シューティングのシルフィードなど、有名なソフトが多いですが、このガングリフォンもその一角に数えて良いと思います。
    ゲーム内容の素晴らしさは言�…