松戸のゲストハウス見学

0030.jpg
▲普通のマンションのようなゲストハウス
 午前中松戸へ。
 そうそう何日も、祖母の世話になるわけにもいかない。かねてから注目していた、松戸のゲストハウスを見学に行った。
 ゲストハウスというと、ドミトリーのある安宿というイメージがあるが、ここは日本に来た外国人のための住宅施設だ。最近「プチ留学」などと言って、日本人の入居者も増えているらしい。僕にとっては、敷金礼金が不要で1週間単位で入居でき、光熱費・ネット代も含めて5万円代という価格が魅力である。日本に関心を持っている外国人との出会いもあるだろう。
 そのゲストハウス、J&Fプラザ松戸は、松戸駅から7分ほど歩いた閑静な住宅地にあった。隣では、マンションの建設が進んでいたが、目の前には畑があり、コンビニも見えた。
 応対に出たマネージャーは、電話では無愛想な中年のおっさんという印象だったが、実際にはかなり若いのに驚いた。やはり愛想はないが、必要なことをてきぱきと伝え、英語は当然のごとく流ちょうだ。
 このゲストハウスには、現在約100人の人が暮らしているそうだ。一階は共用スペースになっていて、広いラウンジと台所、ネットルーム、シャワールームなどがある。今日は祝日とあって、昼前にも関わらず多くの住人がくつろいでいた。オーストラリアとニュージーランドの人が比較的多く、ついでアメリカ、ドイツといった順になるという。韓国人も、今日の時点で4人いるそうである。
 さて、興奮したのは台所(笑)。共用スペースで自由に使って良いのだが、業務用ではないかと思われるガスコンロがあり、何でも作れそうだ。今まで電気コンロで我慢していた自分としてはこれだけでも嬉しい。シャワールームには、通販で売ってるパーソナルジムから、ユニットサウナまであった。
0032.jpg
▲台所というより、厨房
 2~4階は部屋。広さは4畳そこそこと狭いが、ベッド、デスク、棚に加えて小型冷蔵庫が備わり、ADSLの線も来ている。屋上はコインランドリーと物干し場になっていて、布団を含めてきっちり干せそうだ。何より、空が高く、緑が多いのが良い。
0031.jpg
▲狭いが、今の僕には必要充分
 説明抜きで言えば、ここは正に韓国の「考試テル」であった。狭いとは言っても、今まで僕が住んでいた部屋よりはずっと広い。駅からの道には吉野家もマクドも書店もDマートもある。気に入った。今度の土曜から、松戸市民となるとするか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. みんぞう より:

    はじめまして。
    私は今地方の人間ですが首都圏の就職活動に向けゲストハウスをさがしてたとこです。
    私も松戸のジャフプラザ第一候補です!

  2. 亀レスですが…
    テレビさえ受信できれば、言うことないんだけどね、松戸じゃふプラザ。
    いいとこなんで、ぜひ行ってみてくださいな。

  3. 匿名 より:

    今では管理人が変わってイベントも無くなり、かなり暗い雰囲気になっています。。。キッチンでパーティすると追放されます。

  4. かんりにん より:

    そうなんですか。前の管理人さんは、いつもギター片手という感じで、とてもいい人だったのですが。
    英語でしゃべらナイトや、J-WAVEに出演されていたのが懐かしいです。
    キッチンは、何度かボヤを出しましたから、仕方ないのかもしれませんが……、残念ですね。