ロッテリアの新メニュー

 ロッテリアに辛メニュー、いや新メニューが登場。名付けて、「ボゴッチャン」。なにそれ? 「ボゴ」とは「バーガー」、「ッチャン」というのは、若い人の言葉で「サイコー」という意味だ。決して、「バーガーちゃん」という意味ではない。
 今回登場したのは、ライスバーガー3種類。もともと韓国のロッテリアにはキムチバーガーなるライスバーガーがあったのだが、今回、それに改良を加え、新たにカレーバーガーとチャジャンバーガー(肉ミソソース)が登場したわけだ。ポスターを見ると、実にカラフルで豪華なライスバーガーのようである。
0014.jpg
▲まあ、おいしそう。
 そんなわけで、忙しい合間を縫って早速試してみた。韓国らしい「チャジャンバーガー」に挑戦したかったが、ポスターによればカレーが主役のようなので、カレーバーガーとする。値段は2600W。注文してから待つこと3分。出てきたカレーバーガーが、これ。
0015.jpg
▲シブイ。このデザインは、もしかしておにぎり…?
 …小さい。それが第一印象。気を取り直して包みを開き、出てきたのがこれ。
0016.jpg
▲質実剛健。
 …ポスターの写真とだいぶ違うようだ。というか、写真に写っていた、あの新鮮そうな野菜はどこへ行ってしまったのか。謎である。ひとくち食べてみた。カレーの香りはする。しかし、カレーの味は行方不明であった。次々と行方不明者が出るという事態の中、「2600Wあったらほか弁でスペシャルとんかつ弁当を食べられたな…」という思いを胸に、僕はロッテリアを後にした。

基礎知識
 韓国にはファーストフードが数多くある。マクドナルドバーガーキングロッテリアケンタッキーフライドチキンのビッグ4に、国産チェーンパパイスが挑んでいる。もうひとつ国産チェーンがあった気がするが、覚えていない。さて、韓国で最も人気のあるチェーンは、バーガーキングである。日本では敢えなく撤退したバーガーキングだが、直火焼きの巨大な肉と、バターをふんだんに使ったバンズ(パン)が好評だ。ちなみに、マクドナルドのビッグマックセットは4500W(450円)、バーガーキングのワッパーセットは4800W(480円)である。
※バーガーキングのリンクが間違ってました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク